芳龍茶



何時(いつ)

「母さん」
 お房は垣根の外で呼んだ。お菊も伯母の背中に負(おぶ)さりながら、一緒に成って呼んだ。子供は伯母に連れられて、町の方から帰ってきた。お種が着いた翌日の夕方のことである。
「オヤ、お提燈(ちょうちん)を買って頂いて――好いこと」お雪は南向の濡縁(ぬれえん)のところに立っていた。
「一寸(ちょっと)そこまで町を見に行って参りました」とお種は垣根の外から声を掛けた。お房は酸漿提燈(ほおずきちょうちん)を手にして、先(ま)ず家へ入った。つづいて伯母も入って、そこへお菊を卸した。
 喜び騒ぐ二人の子供から、お雪は提燈を受取って、火を点(とぼ)した。それを各自(めいめい)に持たせた。
「菊ちゃん、そんなに振ってはいけませんよ――これは蝋燭(ろうそく)がすこし長過ぎる」とお種が言った。
「紅(あか)い紅い」とお雪はお繁を抱いて見せた。
「どれ、父さんの許へ行って見せて来ましょう」
 こう言いながら、お種は子供を連れて、奥の方へ行った。
「父さん、お提燈」
 とお房がさしつけて見せる。丁度三吉も一服やっているところであった。
「へえ、好いのを買って頂いたネ」
 と父に言われて、子供は彼方是方(あちこち)と紅い火を持って廻った。
「私もここで一服頂かずか」とお種は三吉の前に坐った。「こういう子供の騒ぐ中で、よくそれでも仕事が出来たものだ……真実(ほんと)に、子供が有ると無いじゃ家の内が大違いだ……」
 何かにつけて、お種の話は夫の噂(うわさ)に落ちて行った。何故、達雄が妻子を捨てたかという疑問は、絶えず彼女の胸を離れなかった。
「妙なものだテ」とお種は思出したように、「旦那が未だ郷里(くに)の方に居る時分――まあ、唐突(だしぬけ)と言っても唐突に、ふいとこんなことを言出した。お種、お前を捨てるようなことは決して無いで、安心しておれやッて。それが、お前さん、夢にも私はそんなことを思ったことの無い時だぞや。それを聞いた時は、私はびくッとした……」
「姉さん、そういう時分に家の方のことが幾分(いくら)か解りそうなものでしたネ」
「解るものかよ。朝から晩まで、御客、御客で。それ酒を出せ、肴(さかな)を出せ、出さなければ、また旦那が怒るんだもの。もうお前さん、ゴテゴテしていて、そんなことを聞く暇もあらすか」
「私が姉さんの許へ行った時分は、達雄さんも勉強でしたがナア」
「あの調子で行ってくれると、誠に好かった。直に物に飽きるから困る。飽きが来ると、復た病気が起る――旦那の癖なんですからネ」
「それはそうと、達雄さんも今どうしていましょう」
「どうしていることやら……」
「やはりその女と一緒でしょうか」
「どうせ、お前さん長持ちがせすか――御金が無くなって御覧なさい。何時(いつ)までそんな女が旦那々々と立てて置くもんですかね……今度は自分が捨てられる番だ……そりゃあもう、眼に見えてる……」
「先ずそういうことに成って行きそうですナ」
「そこですよ、私が心配して遣(や)るのは。旦那もネ、橋本の家で生れた人ですから、何卒(どうか)して私は……あの家で死なして遣りたくてサ」
 喧嘩(けんか)でもしたか、子供が泣出した。お種は三吉の傍を離れて、子供の方へ行った。
[PR]
# by ttkurtt | 2006-03-04 13:25

カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧