芳龍茶



廃坑

 この廃坑は旧幕時代の末頃まではまだ採掘されてゐて、これあるがために河原町は当時幕府直轄の天領となつてゐた。そして、上流にある城下町の藩主が参勤の途上この河を利用して下る時、天領との間に何か紛争の糸口のつくのを憚(はゞか)つて、河原町の傍を通る間は舟に幕をはり、乗組の者は傍見をして下つたと云ふ。それほどであつたから、この領内の民は他領との縁組を嫌ひ、他領から移り住む者を許さなかつたし、狩猟とか交通とかその他様々な点で非常な横暴と特権とを許されてゐたものだつた。
 銅山が廃坑となり、時代が移ると共に、他所の町村が発展するのに河原町だけは産業的に衰微し、とりのこされたが、以前の天領気分は今でもなほこの町を中心とする一廓に残つてゐた。それは近くの村々から「河原風」と呼ばれてゐた。今でこそ「無暗と気位ばかり高くて能なし」の意味であつたが、当の河原町の人々は、それがどんな意味に使はれてゐても、腹の中では漠然とした自己尊敬の念を感ずるのであつた。
[PR]
# by ttkurtt | 2007-03-11 16:41

神田

 梢(こずえ)をふり仰ぐと、嫩葉(わかば)のふくらみに優しいものがチラつくようだった。樹木が、春さきの樹木の姿が、彼をかすかに慰めていた。吉祥寺(きちじょうじ)の下宿へ移ってからは、人は稀(ま)れにしか訪(たず)ねて来なかった。彼は一週間も十日も殆(ほとん)ど人間と会話をする機会がなかった。外に出て、煙草を買うとき、「タバコを下さい」という。喫茶店に入って、「コーヒー」と註文(ちゅうもん)する。日に言語を発するのは、二ことか三ことであった。だが、そのかわり、声にならない無数の言葉は、絶えず彼のまわりを渦巻いていた。
 水道道路のガード近くの叢(くさむら)に、白い小犬の死骸(しがい)がころがっていた。春さきの陽(ひ)を受けて安らかにのびのびと睡(ねむ)っているような恰好(かっこう)だった。誰にも知られず誰にも顧みられず、あのように静かに死ねるものなら……彼は散歩の途中、いつまでも野晒(のざら)しになっている小さな死骸を、しみじみと眺(なが)めるのだった。これは、彼の記憶に灼(や)きつけられている人間の惨死図とは、まるで違う表情なのだ。

「これからさき、これからさき、あの男はどうして生きて行くのだろう」――彼は年少の友人達にそんな噂(うわさ)をされていた。それは彼が神田の出版屋の一室を立退(たちの)くことになっていて、行先がまだ決まらず、一切が宙に迷っている頃のことだった。雑誌がつぶれ、出版社が倒れ、微力な作家が葬られてゆく情勢に、みんな暗澹(あんたん)とした気分だった。一そのこと靴磨(くつみがき)になろうかしら、と、彼は雑沓(ざっとう)のなかで腰を据えて働いている靴磨の姿を注意して眺めたりした。
「こないだの晩も電車のなかで、FとNと三人で噂したのは、あなたのことです。これからさき、これからさき、どうして一たい生きて行くのでしょうか」近くフランスへ留学することに決定しているEは、彼を顧みて云った。その詠嘆的な心細い口調は、黙って聞いている彼の腸(はらわた)をよじるようであった。彼はとにかく身を置ける一つの部屋が欲しかった。
 荻窪(おぎくぼ)の知人の世話で借れる約束になっていた部屋を、ある日、彼が確かめに行くと、話は全く喰(く)いちがっていた。茫然(ぼうぜん)として夕ぐれの路(みち)を歩いていると、ふと、その知人と出逢(であ)った。その足で、彼は一緒に吉祥寺の方の別の心あたりを探(さが)してもらった。そこの部屋を借りることに決めたのは、その晩だった。
 騒々しい神田の一角から、吉祥寺の下宿の二階に移ると、彼は久し振りに自分の書斎へ戻ったような気持がした。静かだった。二階の窓からは竹藪(たけやぶ)や木立や家屋が、ゆったりと空間を占めて展望された。ぼんやり机の前に坐っていると、彼はそこが妻と死別した家のつづきのような気持さえした。五日市(いつかいち)街道を歩けば、樹木がしきりに彼の眼についた。楢(なら)、欅(けやき)、木蘭(もくらん)、……あ、これだったのかしら、久しく恋していたものに、めぐりあったように心がふくらむ。……だが、微力な作家の暗澹たる予想は、ここへ移っても少しも変ってはいなかった。二年前、彼が広島の土地を売って得た金が、まだほんの少し手許(てもと)に残っていた。それはこのさき三、四ヵ月生きてゆける計算だった。彼はこの頃また、あの「怪物」の比喩(ひゆ)を頻(しき)りに想い出すのだった。
 非力な戦災者を絶えず窮死に追いつめ、何もかも奪いとってしまおうとする怪物にむかって、彼は広島の焼跡の地所を叩(たた)きつけて逃げたつもりだった。これだけ怪物の口へ与えておけば、あと一年位は生きのびることができる。彼は地所を売って得た金を手にして、その頃、昂然(こうぜん)とこう考えた。すると、怪物はふと、おもむろに追求の手を変えたのだ。彼の原稿が少しずつ売れたり、原子爆弾の体験を書いた作品が、一部の人に認められて、単行本になったりした。彼はどうやら二年間無事に生きのびることができた。だが、怪物は決して追求の手をゆるめたのではなかった。再びその貌(かお)が間近に現れたとき、彼はもう相手に叩き与える何ものも無く、今は逃亡手段も殆ど見出(みいだ)せない破滅に陥っていた。
[PR]
# by ttkurtt | 2007-01-03 11:23

人間豈

 造化(ネーチユア)は人間を支配す、然れども人間も亦た造化を支配す、人間の中に存する自由の精神は造化に黙従するを肯(がへん)ぜざるなり。造化の権(ちから)は大なり、然れども人間の自由も亦た大なり。人間豈に造化に帰合するのみを以て満足することを得べけんや。然れども造化も亦た宇宙の精神の一発表なり、神の形の象顕なり、その中に至大至粋の美を籠(こ)むることあるは疑ふべからざる事実なり、之に対して人間の心が自からに畏敬の念を発し、自からに精神的の経験を生ずるは、豈不当なることならんや、此塲合に於て、吾人と雖(いへども)、聊(いさゝ)か万有的趣味を持たざるにあらず。
 人間果して生命を持てる者なりや、生命といふは、この五十年の人生を指して言ふにあらざるなり、謂ふ所の生命の泉源なるものは、果して吾人々類の享有する者なりや。この疑問は人の常に思ひ至るところにして、而して人の常に軽んずる所なり、五十年の事を経綸するは、到底五十年の事を経綸せざるに若(し)かざるなり、明日あるを知らずして今日の事を計るは、到底真に今日の事を計るものにあらざるなり、五十年の人生の為に五十年の計を為すは、如何(いか)に其計の大に、密に、妙に、精にあるとも、到底其計なきに若かざるなり。二十五年を労作に費し、他の二十五年を逸楽に費やすとせば、極めて面白き方寸なるべし、人間の多数は斯の如き夢を見て、消光するなり、然れども実際世界は決して斯の如き夢想を容るゝの余地を備へず。我が心われに告ぐるに、五十年の人生の外はすべて夢なりといふを以てせば、我は寧(むし)ろ勤労を廃し、事業を廃し、逸楽晏眠を以て残生を送るべきのみ。
[PR]
# by ttkurtt | 2006-08-12 19:45

最新公報ダウンロード

しました。

あんまりよくわかりませんでした。
[PR]
# by ttkurtt | 2006-04-16 17:54

串談

 夏の日が暮れて、燈火(あかり)は三人の顔に映った。三吉は姉の容子(ようす)を眺めながら、こう切出した。
「達雄さんも、名古屋の方だそうですネ……」
「そうだそうな」
 と答えるお種の顔には憂愁(うれい)の色が有った。それを彼女は苦笑(にがわらい)で紛(まぎら)わそうともしていた。
「何処(どこ)も彼処(かしこ)も後家さんばかりに成っちゃった」
「三吉――俺は未だ後家の積りじゃ無いぞい」と姉は口を尖(とが)らした。
「積りでなくたって、実際そうじゃ有りませんか」と弟は戯れるように。
「馬鹿こけ――」
 お種は両手を膝(ひざ)の上に置いて、弟の方を睨(にら)む真似(まね)した。三吉も嘆息して、
「姉さん、旦那のことは最早思い切るが宜(よ)う御座んすよ。だって、あんまりヤリカタが洒落(しゃれ)過ぎてるじゃ有りませんか。私も森彦さんから聞きましたがネ、そんな人に尽したところで、無駄です――後家さんが可い、後家さんが可い」
「これ、お前さんのように……そう、後家、後家と言って貰うまいぞや」
「馬鹿々々しい……亭主に好さそうな人が有ったら、私がまた姉さんに世話して進(あ)げる」
 不幸な姉を憐(あわれ)む心から、三吉はこんな串談(じょうだん)を言出した。お種はもうブルブル身(からだ)を震わせた。
「三吉、見よや、豊世が呆(あき)れたような顔をしてることを――お前さんがそんな悪(にく)い口を利(き)くもんだからサ――国に居る頃から、お前さん、お仙なぞが三吉叔父さん、三吉叔父さんと言って、よく噂(うわさ)をするもんだから、どんなにか好い叔父さんだろうと思って豊世も逢いに来たところだ……」と言って、お種は嫁の方を見て、「ナア、豊世――こんな叔父さんなら要(い)らんわい」
 豊世は笑わずにいられなかった。
「しかし、串談はとにかく」と三吉は姉の方を見て、「後家さんというものはそんなにイケナイものでしょうか」
「後家に成って、何の好い事があらず」
 と姉は力を入れた。
「そりゃ、若くて後家さんに成るほど困ることは無いかも知れません。しかし、年をとってからの後家さんはどうです。重荷を卸して、安心して世を送られるようなものじゃ有りますまいかネ……人にもよるかも知れませんが、こう私は、姉さん位の年頃に成って、子のことを考えて行かれる後家さんが一番好かろうと思うんですが……」
「まあ、女に成ってみよや」
 と言って、姉は取合わなかった。
 その晩、お種は弟の宿に泊めて貰って、久し振で一緒に話す積りであった。やがて町の響も沈まって聞える頃、お種は嫁に向って、
「豊世、お前はもう帰らッせ」
「今夜は私も母親さんの側に泊めて頂きとう御座んすわ」と豊世が言った。「何だか御話が面白そうですから……」
 姑の許を得て、豊世は自分の宿まで一旦断りに行って、それから復た引返して来た。三人同じ蚊帳の内に横に成ってからも、姉弟は話し続けた。お種は枕許(まくらもと)へ煙草盆を引寄せて、一服やったが、自分で抑(おさ)えることの出来ないほど興奮して来た。伊東に居た頃、よく彼女の瞑(つぶ)った眼には一つの点が顕(あら)われて、それがグルグル廻るうちに、次第に早くなったり、大きく成ったりして見えた。お種は寝ながらそれを手真似でやって見せた。終(しまい)には自分の身(からだ)までその中へ巻込まれて行くような、可恐(おそろ)しい焦々(いらいら)した震え声と力とを出して形容した。
「ア――姉さんは未だ真実(ほんと)に癒(なお)っていないんだナ」
 と三吉は腹(おなか)の中で思った。それを側で聞くと、豊世も眠られなかった。
[PR]
# by ttkurtt | 2006-03-04 13:27

翌朝(よくあさ)

 再会を約して置て、翌朝(よくあさ)お種は三吉に別れた。豊世も姑と一緒にこの旅舎を出た。
「――三吉の家まで行って置けば、正太の許(ところ)から迎をよこしてくれるたって、造作なからず」
「ええ、三吉叔父さんの御宅までいらっしゃれば、もう郷里(くに)へ帰ったも同じようなものですわ」
 こんな言葉を換(かわ)しながら、姑と嫁とは宿の方へ帰って行った。
 例の二階で、復た復たお種が旅仕度を始める頃は、やがて八月の末であった。森彦の旅舎だの、直樹の家だの、方々へ暇乞(いとまご)いにも出掛けなければ成らぬ、と思うと、心はあわただしかった。
 ジメジメと蒸暑い午後、一番後廻しにした実の留守宅に暇乞に寄る積りで、お種は宿を出た。橋本へ嫁いてから以来(このかた)――指を折って数える程しか彼女は自分の生家(さと)へも帰っていない。その中で、小泉の家が東京へ引越したばかりの頃、一度彼女は母と一緒に成ったことや、その時も夫がある女に関係して、その為に長年薬方を勤めた大番頭の一人が怒って暇を取ったことや、その時こそは夫婦別をしようかとまで彼女も悲しく思ったことや、それからその時ぎり母にも逢えなかったことなどを胸に浮べて行った。
 小泉の家も段々小さく成った。ある狭い路地を入って、溝板(どぶいた)の上を踏んで行くと、そこには種々な生活を営む人達が一種の陰気な世界を形造っている。お種は薄暗い格子戸の前に立った。
「誰方(どなた)?」
 こう若々しい声で言って、内から顔を出したのは、お俊であった。
「母親さん――橋本の伯母(おば)さんが被入(いら)しってよ」
 と復た娘は奥の方へ声を掛けた。橋本の伯母と聞いて、お倉は古びた簾(すだれ)の影から這出(はいだ)した。毎年のようにお倉は脚気(かっけ)を煩(わずら)うので、その夏も臥(ね)たり起きたりして、二人の娘を相手に侘(わび)しい女暮しをしているのである。
 過去った日を思わせるような、こういう住居(すまい)に不似合なほど大きい長火鉢(ながひばち)の側で、女同志は話した。
「三吉が来いと言ってくれるで、私も暫時(しばらく)彼(あれ)の方へ行って厄介に成るわいなし」とお種が言った。
「そりゃ、まあ結構です――三吉さんは私共へも一寸寄って下さいました」とお倉は寂しそうに笑いながら、「私がこんな幽霊のような頭髪(あたま)をしていたもんですから、三吉さんも驚いて逃げて行って了いました……」
「私でも、ドモナラン」
 この「ドモナラン」は茶盆をそこへ取出したお俊を笑わせた。
「俊」とお倉は娘の方を見て、「貰ったお茶が有ったろう」
「母親さん、あのお茶は最早(もう)駄目よ」とお俊はすこし顔を紅くした。
「お倉さん、番茶で沢山です。そんなに関(かま)って下さると、生家(さと)へ来たような気がしない……」とお種は快活らしく笑って、
「そう言えば、三吉も可笑(おか)しなことを言う奴だテ。私が豊世を連れて彼(あれ)の宿まで逢いに行きましたら、何をまた彼が言出すかと思うと、何処(どこ)も彼処(かしこ)も後家さんばかりに成っちゃった――なんて。私は怒ってやった」
「真実(ほんと)に、皆な後家さんのようなものですよ――でも、姉さんなぞは未だ好う御座んすサ。私を御覧なさいな。私くらい運の悪い者は無い――私は小泉へお嫁に来ましてから、旦那と一緒に暮したなんてことは、貴方の三分一も有りゃしません――留守、留守で、そんなことばかりしてるうちに一生済んで了いました」
 染めずにいるお倉の髪は最早老婦(としより)のように白い。
[PR]
# by ttkurtt | 2006-03-04 13:26

僅(わず)かに

 不幸(ふしあわせ)だ、不幸だと言いながら気の長いお倉の様子は、余計にお種をセカセカさせた。
 お種は自分の生家(さと)を探すような眼付をして、四辺(あたり)を眺め廻した。実は留守、お杉は亡くなる、宗蔵は他(よそ)へ預けられている、よく出入した稲垣(いながき)夫婦なぞも遠く成った。僅(わず)かに兄弟の力を頼りに細々と煙を立てる有様である。二間ばかりある住居で、日も碌(ろく)に映(あた)らなかった。それに、幾度か引越した揚句(あげく)のことで、ずっと昔の生家を思出させるような物は殆んどお種の眼に映らない。唯、奥の方の壁に、父の遺筆が紙表具の軸に成って掛っている。そこには、未だそれでも忠寛の精神が残っていて、廃(すた)れ行く小泉の家に対するかのようである……
 こういう衰えた空気の中でも、お俊はズンズン成長した。高等女学校程度を卒(お)える程の年頃に成った。
「御蔭様で、俊も、学校の方の成績は始終優等だもんですから、校長先生も大層肩を入れて下さいましてネ」と言って、お倉は娘の方を見て、「お前の描いた画を持って来て、伯母さんにお目にお掛けな」
 お俊は幾枚かの模写をそこへ取出して来て、見せた。この娘は自分で模様を描いた帯を〆(しめ)ていた。
「漸(ようや)くこういう色彩(いろ)の入ったものを許されました」とお倉は娘の画をお種に指して見せて、「三吉さんが、画や歌のお稽古(けいこ)は止(や)めて学校だけにさしたら可かろう――なんて言うんですけれど、折角今までやらしたものですから、せめて画の先生だけへは通わせたいと思いますんですよ。俊も好きですから……」
「そうですとも。ここで止めさせるのは惜しいものだ」とお種が言った。
「私もネ、何を倹約しても斯娘(これ)には掛けたいと思いまして……どうして、貴方、この節では母親(おっか)さんの言うことなぞを聞きやしません。何ぞと言うと私の方がやりこめられる位です」
「教育が違いますからネ」
「ええええ、私共の若い時なぞは、今のように学校が有るじゃなし……」
「鶴は?」とお種はお俊の妹のことを聞いてみた。
「御友達の許(とこ)へでも遊びに行ったんでしょう」とお俊が答える。
「俊、鶴(つう)ちゃんの免状は何処にあったっけねえ。伯母さんにお目に掛けたら……まあ、あの娘(こ)も学校が好きでして、試験と言えば賞を頂いて参ります」
 こんな話をしながら、お倉は吸付けた長煙管の口を一寸袖で拭(ふ)いて、款待顔(もてなしがお)にお種の方へ出した。狭い廂間(ひあわい)から射し入る光は、窓の外を明るくした。簾(すだれ)越しに隣の下駄職(げたしょく)の労苦する光景(さま)も見える。溝(どぶ)の蒸されるにおいもして来る。
[PR]
# by ttkurtt | 2006-03-04 13:26

何卒(どうか)

 母に言付けられて、お俊は次の間に置いてある桐(きり)の机の方へ行った。実の使用(つか)っていた机だ。その抽匣(ひきだし)の中から、最近に来た父の手紙を取出した。
 お倉は鼠色の封筒に入った獄中の消息をお種に見せて、声を低くした。「ここにも御座います通り、橋本さんへも宜敷(よろしく)申すようにッて」
「実は何事(なんに)も外部(そと)のことを知らずにいるんでしょうよ」とお種は嘆息した。
 暫時(しばらく)女同志は無言でいた。お倉は聞いて貰う積りで、
「なにしろ、貴方、長い間の留守ですから、私も途方に暮れて了いましたよ……こんな町中に住まわないたって、もっと御屋賃の御廉(おやす)い処へ引越したら可かろうなんて、三吉さんもそう言いますんですけれど、ここの家に在(あ)る道具は皆な、貴方差押(さしおさえ)……娘達を学校へ通わせるたって、あんまり便利の悪い処じゃ困りますし……それに、私共の借財というのが……」
 次第に掻口説(かきくど)くような調子を帯びた。お倉の癖で、枝に枝がさして、終(しまい)には肝心の言おうとすることが対手(あいて)に分らないほど混雑(こんがら)かって来た。
「あれで、森彦も自分の事業の方の話は何事(なんに)もしない男ですが――」とお種はお倉の話を遮(さえぎ)った。「貴方の方に、郷里(くに)に、自分の旅舎(やどや)じゃ……どうしてナカナカ骨が折れる。考えてみると、よく彼(あれ)もやったものです」
「真実(ほんと)に、森彦さんには御気の毒で」
「彼の旅舎へ行ってみますとネ、それはキマリの好いものですよ。酒を飲むじゃなし、煙草を燻(ふか)すじゃなし……よくああ自分が責められたものだと思って、私は何時でも感心して見て来る。何卒(どうか)して彼の思うことも遂げさして遣りたいものですよ」
 身内のものの噂は自然と宗蔵のことに移った。
「宗さんですか」とお倉はさもさも厄介なという風に、「世話してくれてる人がよく来て話します。まあ心(しん)はどれ程御強健(ごじょうぶ)なものか知れませんなんて……こういう中でも、貴方、月々送るものは送らなけりゃ成りません。森彦さんも御大抵じゃ有りませんサ」
「彼は小泉の家に附いた厄介者です。どうしてまたあんな者が出来たものですかサ」
「もう少し病人らしくしていると可いんですけれど、我儘(わがまま)なんですからねえ――森彦さんはああいう気象でしょう、真実(ほんと)に宗蔵のような奴は……獣(けだもの)ででもあろうものなら、踏殺してくれたいなんて……」
 お倉やお種が笑えば、お俊も随(つ)いて笑った。この謔語(じょうだん)は、森彦でなければ言えないからであった。
 やがて別れる時が来た。
「三吉さんの許(ところ)へいらっしゃいましたら、俊や鶴のことを宜敷(よろしく)御願い申しますッて、そう仰って下さい……何卒(どうか)……」
 こう力を入れて頼むお倉の言葉を聞て、お種は小泉の家を出た。
 東京を発(た)つ朝は、お種は豊世やお俊やお鶴などに見送られた。豊世は幾度か汽車の窓の下へ来て、涙ぐんだ眼で姑の方を見た。
[PR]
# by ttkurtt | 2006-03-04 13:25

一年余旅の状態(ありさま)

 一年余旅の状態(ありさま)を続けて、漸(ようや)くお種は弟の家まで辿(たど)り着いた。三吉は遠く名倉の家の方から帰って来て、お雪と共に姉を待受けているところで有った。
「オオ、橋本の姉さん――」
 とお雪は台所から飛んで出て来て、襷(たすき)を除(はず)しながら迎えた。
 奥の部屋へ案内されたお種の周囲(まわり)には、三吉夫婦を始め、子供等がめずらしそうに集った。お種は、狭隘(せせこま)しい都会の中央(まんなか)から、水車の音の聞えるような処へ移って、弟等と一緒に成れたことを喜んだ。彼女は別に汽車にも酔わなかったと言った。
「房(ふう)ちゃん、橋本の伯母さんだが、覚えているかい」と三吉は年長(うえ)の娘に尋た。
「一度汽車の窓で逢(あ)ったぎりじゃ、よく覚えが有るまいテ」と言って、お種はお房の顔を眺(なが)めて、「どうだ、伯母さんのような気がするか」
「皆な大きくなりましたろう」
「菊(きい)ちゃんの大きく成ったには魂消(たまげ)た。姉さんの方と幾許(いくら)も違わない」
 お種はそこに並んでいる二人の娘を見比べた。
「へえ、こういうのが今年出来ました。見て下さい」とお雪は次の部屋に寝かしてあった乳呑児(ちのみご)を抱いて来て見せた。
 三番目もやはり女の児で、お繁(しげ)と言った。お繁は見慣れない伯母を恐れて、母の懐(ふところ)へ顔を隠したが、やがてシクシクやり出した。お雪は笑って乳房を咬(くわ)えさせる。すこし慣れるまで、他(よそ)の方を向いていようなどと言って、お種も笑った。
「房ちゃんは幾歳(いくつ)に成るの?」とお種が手土産(てみやげ)を取出しながら聞いた。
「伯母さんが何歳に成るッて」とお雪も言葉を添える。
「ね、房ちゃんがこれだけで、菊ちゃんがこれだけ」とお房は小さな掌(て)を展(ひろ)げて、指を折って見せた。
「フウン――お前さんが五歳(いつつ)で、菊ちゃんが三歳(みっつ)――そう御悧好(おりこう)じゃ、御褒美(ごほうび)を出さずば成るまい――菊ちゃんにも御土産(おみや)が有りますよ」
「御土産! 御土産!」
 と二人の子供は喜んで、踊って歩いた。
「御行儀を好くしないと伯母さんに笑われますよ。真実(ほんと)にイタズラで仕方が有りません」とお雪が言った。
 親達の側にばかり寄っていたお房は、直に伯母の方に行った。そして、母に勧められて、無邪気な「亀さん」の歌なぞを聞かせた。
 お房の小供らしい声には、聞いている伯母に取って、幼い時分のことまでも思わせるようなものが有った。
「これはウマいもんだ」とお種は左右に首を振った。「もう一つ伯母さんに歌って聞かせとくれ……何年振で伯母さんはそういう声を聞くか知れない……」
[PR]
# by ttkurtt | 2006-03-04 13:25

御機嫌(ごきげん)

 始めて弟の家を見るお種には、草葺(わらぶき)の屋根の下もめずらしかった。お種はお雪に附いて、裏の畠(はたけ)の方まで見て廻って、復(ま)た三吉の居る部屋へ戻って来た。
「オオ、ほんに、柿の樹が有るそうな」とお種は身を曲(こご)めて、庭の隅(すみ)に垂下る枝ぶりを眺(なが)めながら、「嘉助がよく御厄介に成ったもんですから、帰って来てはその話サ――柿だの、李(すもも)だの、それから好い躑躅(つつじ)だのが植えてあるぞなしッて」
 庭には桜、石南花(しゃくなげ)なども有った。林檎(りんご)は軒先に近くて、その葉の影が部屋から外部(そと)を静かにして見せた。
 お雪は乳呑児を抱いて来た。「先刻(さっき)泣いたかと思うと、最早(もう)こんなに笑っています」
「ホ、御機嫌(ごきげん)が直ったそうな」とお種はアヤして見せて、「これは好い児だ」
「私共のようにこう多勢でも困りますけれど、貴方の許(ところ)でも御一人位……」
「どうも豊世には子供が無さそうですテ……」
「真実(ほんと)に、分けて進(あ)げたい位だ」と三吉が笑った。
「くれるなら貰うわい」とお種は串談(じょうだん)のように言って、「しかしこれは皆な持って生れて来るものだゲナ。持って生れて来ただけは産む……そういうように身体に具(そな)わっているものと見えるテ――授からん者は仕方ない」
「なにしろ、私のところなぞは書生ばかりで始めた家でしょう――」と三吉は言った。「菊ちゃんが出来て、私が房ちゃんを抱いて寝なければ成らない時分は、一番困りましたネ……どうしても母親でなけりゃ承知しない……寒い晩に、子供は泣通し……こんなに子供を育てるのは厄介なものかしらんと思って、実際私も泣きたい位でした」
「皆なそうして育って来たのだわい」
「よく書生時代には、男が家を持った為にヘコんで了(しま)うなんて、そんな意気地の無いことがあるもんか、と思いましたッけが――考えてみると、多くの人がヘコむ訳ですネ」
「お雪さん、貴方は今女中無しか」
「ええ、幸い好いのが見つかったかと思いましたら、養蚕をする間、親の方で帰してくれって」
「どうして、それじゃナカナカ骨が折れる」と言って、お種は家の内を眺め廻して、「しかし、お雪さん、私も御手伝いしますよ。今日からは貴方の家の人と思って下さいよ」
 何となくお種は興奮していて、時々自分で制(おさ)えよう制えようとするらしいところが有る。顔色もいくらか蒼(あお)ざめて見える。三吉は姉を休ませたいと思った。
「菊ちゃん、来うや」
 こう訛(なまり)のある、田舎娘らしい調子で言って、お房は妹と一緒に裏の方から入って来た。
[PR]
# by ttkurtt | 2006-03-04 13:25

カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧