芳龍茶



翌朝(よくあさ)

 再会を約して置て、翌朝(よくあさ)お種は三吉に別れた。豊世も姑と一緒にこの旅舎を出た。
「――三吉の家まで行って置けば、正太の許(ところ)から迎をよこしてくれるたって、造作なからず」
「ええ、三吉叔父さんの御宅までいらっしゃれば、もう郷里(くに)へ帰ったも同じようなものですわ」
 こんな言葉を換(かわ)しながら、姑と嫁とは宿の方へ帰って行った。
 例の二階で、復た復たお種が旅仕度を始める頃は、やがて八月の末であった。森彦の旅舎だの、直樹の家だの、方々へ暇乞(いとまご)いにも出掛けなければ成らぬ、と思うと、心はあわただしかった。
 ジメジメと蒸暑い午後、一番後廻しにした実の留守宅に暇乞に寄る積りで、お種は宿を出た。橋本へ嫁いてから以来(このかた)――指を折って数える程しか彼女は自分の生家(さと)へも帰っていない。その中で、小泉の家が東京へ引越したばかりの頃、一度彼女は母と一緒に成ったことや、その時も夫がある女に関係して、その為に長年薬方を勤めた大番頭の一人が怒って暇を取ったことや、その時こそは夫婦別をしようかとまで彼女も悲しく思ったことや、それからその時ぎり母にも逢えなかったことなどを胸に浮べて行った。
 小泉の家も段々小さく成った。ある狭い路地を入って、溝板(どぶいた)の上を踏んで行くと、そこには種々な生活を営む人達が一種の陰気な世界を形造っている。お種は薄暗い格子戸の前に立った。
「誰方(どなた)?」
 こう若々しい声で言って、内から顔を出したのは、お俊であった。
「母親さん――橋本の伯母(おば)さんが被入(いら)しってよ」
 と復た娘は奥の方へ声を掛けた。橋本の伯母と聞いて、お倉は古びた簾(すだれ)の影から這出(はいだ)した。毎年のようにお倉は脚気(かっけ)を煩(わずら)うので、その夏も臥(ね)たり起きたりして、二人の娘を相手に侘(わび)しい女暮しをしているのである。
 過去った日を思わせるような、こういう住居(すまい)に不似合なほど大きい長火鉢(ながひばち)の側で、女同志は話した。
「三吉が来いと言ってくれるで、私も暫時(しばらく)彼(あれ)の方へ行って厄介に成るわいなし」とお種が言った。
「そりゃ、まあ結構です――三吉さんは私共へも一寸寄って下さいました」とお倉は寂しそうに笑いながら、「私がこんな幽霊のような頭髪(あたま)をしていたもんですから、三吉さんも驚いて逃げて行って了いました……」
「私でも、ドモナラン」
 この「ドモナラン」は茶盆をそこへ取出したお俊を笑わせた。
「俊」とお倉は娘の方を見て、「貰ったお茶が有ったろう」
「母親さん、あのお茶は最早(もう)駄目よ」とお俊はすこし顔を紅くした。
「お倉さん、番茶で沢山です。そんなに関(かま)って下さると、生家(さと)へ来たような気がしない……」とお種は快活らしく笑って、
「そう言えば、三吉も可笑(おか)しなことを言う奴だテ。私が豊世を連れて彼(あれ)の宿まで逢いに行きましたら、何をまた彼が言出すかと思うと、何処(どこ)も彼処(かしこ)も後家さんばかりに成っちゃった――なんて。私は怒ってやった」
「真実(ほんと)に、皆な後家さんのようなものですよ――でも、姉さんなぞは未だ好う御座んすサ。私を御覧なさいな。私くらい運の悪い者は無い――私は小泉へお嫁に来ましてから、旦那と一緒に暮したなんてことは、貴方の三分一も有りゃしません――留守、留守で、そんなことばかりしてるうちに一生済んで了いました」
 染めずにいるお倉の髪は最早老婦(としより)のように白い。
[PR]
by ttkurtt | 2006-03-04 13:26
<< 串談 僅(わず)かに >>

カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧